プランターでおいしい野菜を作りたい初心者の方へ。成功のコツ!

プランターで野菜を作った事のない初心者の方へ、一番大切なことは、「一番好きな野菜を植えてみる」ことです。大好きな野菜を食べている自分や家族をイメージすることが大切!。

まずはプランターで比較的簡単に野菜を育てたいなら、ミニトマトです!

比較的深いプランターで、30cmほど離して植えます。30cmは離しすぎのように感じると思いますが、枝が大きく広がるので、丁度良くなります。

ミニトマトは、花屋さんやホームセンターの園芸コーナーなどで、苗を購入できます。土も、野菜用の土を購入すると、そのまま使用できます。プランターの底が通気性のいいように、適度に穴が開いていることを確認したら、その土を入れます。そして、苗を植え付けます。苗は芯が太いものがいいですね。

なるべく、ポットに何本もあるものよりも、健康そうな苗を選びましょう。植え付けたら、しっかり水をかけます。苗の頭からかけるのではなく、根本へ向けて、プランターの底から水が出るほどかけることが大切です。

枝が何本か出てくるぐらいになったら、支柱を立てます。芯から5cmほど離して土に深く差し、芯と支柱をクリップで止めます。支柱はそんなに太くなくても大丈夫ですが、風で倒れないように注意しましょう。

花が咲いたら、そこから緑の実ができ、次第に赤くなります。赤くなったら食べ頃です。新鮮なミニトマトは、香りも良く、果肉もしっかりしています。ミニトマトの開発は目覚ましく、年々新しい品種の苗が購入できます。食べ比べしても楽しいですよ。一つの苗から、うまくすれば100個以上は取れます。

次に虫に食べられにくいのは唐辛子とハーブ!

虫が気になる方にお勧めな苗は唐辛子です。
万願寺唐辛子や、青唐辛子、しし唐などもいいですね。

これらの苗は、あまり大きく育たないので、支柱は必要ないです。1m以内の高さで、程よく実も付き、育てやすいです。虫が付きやすい苗の隣に植えて、虫よけにする方法も人気があり、その効果は大きいです。万願寺唐辛子は、大きな実をつけ、たくさん収穫できると、煮物にもできます。

辛くない唐辛子は、辛いのが苦手な方でも食べやすい唐辛子です。これらの苗も、花屋さんやホームセンターで購入できます。殺虫剤が必要ないので、無農薬にこだわる方にもお勧めです。

また、ハーブは、バジルが育てやすいです。支柱はいらず、ぐんぐん葉を増やします。どんどん摘んでも、どこからまた生えてくる植物です。一度に一枝を全て摘んでしまうのではなく、まんべんなく摘んであげることがポイントです。

バジルは、料理のレパートリーが多く、玉子焼きやサーモンのバター焼き、パスタなどに幅広く使用できます。
バジルも、人気が高く、花屋さん、ホームセンターで購入できます。野菜用の土か、ハーブ用の土を使用してください。バジルは、スイートバジルがお勧めです。紫色のバジルもあるのですが、鳥に食べられてしまうことがあるので、注意が必要です。

バジルは、たくさん収穫しても、洗って、水を拭かずに、ポリ袋に入れておくと1週間は大丈夫です。

まとめ ~プランターでおいしい野菜を作りたい初心者の方へ~

楽しく育てて、みんなでその収穫した野菜を食べられると、とても嬉しいですね。育つ経過を楽しみ、枯れた葉を取り除くなど、こまめに手がかかりますが、健康にも新鮮な野菜は効果的です。

子ども達と一緒に楽しむこともでき、いい思い出を作ることもできます。
今回、うまくできたら、来年は、何を植えようか、考えながら話すのもいいですね。

近所の方と、育て方の情報を交換しながら、育てていくと、気候に合わせた育て方を知ることもできます。
風よけが必要になったり、猫よけが必要になることもあるので、十分注意して、育てていきましょう。

初心者でも、野菜作りはできます。自信を持って、取り組んでいきましょう。

デザインプランターsombraverde

お部屋をアートフラワーでおしゃれに飾りたい時は、sombraverdeのデザインプランターを自在に組み合わせてオリジナルの素敵な空間を作ってみましょう。